カテゴリ:地震( 3 )

静かな海と遠い街の灯

子供の頃、祖父に連れられ閖上の海水浴場に行きました。
波が荒く、祖父の水着が落ちそうになり弟と爆笑。泳いだ後、海水浴場から平坦な道をまっすぐ歩いて、祖父の友人のお宅により、生まれて初めて五右衛門風呂に入りました。
楽しい夏の思い出です。

その閖上は8年前の3月11日.津波に襲われました。
避難所のラジオから聞こえる惨状は、想像を絶するものでした。
映像で見て、絶句。
後日、知人の息子さんも、この地で津波に巻き込まれ亡くなったことを知りました。

情けないのですが、あまりにむごくて、私はそこへ足を運ぶことはできませんでした。

そして8年
昨日、家族と行きました。

海岸に近くなるに連れ、家屋がまばらに。
立つ家屋は新しいものばかり。
そのうちに更地。
そして海岸沿いの景色を完全に遮る防潮堤が目の前に。
その先には、ところどころに家屋跡や波の力で折れた電柱や鉄骨の残骸が残っていました。
ここにはもう人は住むことができないのだなあ。
避難所となっている高台から見える静かな海、振り返って見える遠い街の灯。

ここには「復興」ということばは遠く感じました。


f0223234_08382215.jpg

f0223234_08382466.jpg

f0223234_08382624.jpg


by hahamego | 2019-04-08 08:37 | 地震 | Comments(2)

暗闇の中の揺れ

北海道で大きな地震がありました。
テレビのニュースを見て驚きました。
被害は甚大です。
午前3時では、真っ暗。
どんなにか怖かったことでしょう。
地震お見舞い申し上げます。

どうか、これ以上大きな揺れが来ませんように。
そして一日でも早く安堵する時が戻りますように。




by hahamego | 2018-09-06 07:48 | 地震 | Comments(2)

緊張しました

お米研いでスイッチオン。
ちょっとぬくぬくのお布団にと潜ったところで枕元のスマホがあの音を発し始めました。
地震警報。
数日前に震度3の揺れがあったので、今度は大きいかも!と主人、次女と様子見る。
揺れ始めました。
私はテレビを。

NHKは一目見ただけで何が起きたか、何をしたら良いかが画面いっぱいに。
アナウンサーの声が、緊張感をますますアップさせます。

そして津波警報。
テレビから津波警報の音が聞こえてきます。
あの時のあのシーンが浮かんできて、気がつけば手をギュッと握りしめていました。

海岸沿いに住んでいらっしゃる人たちは、どんな思いだったでしょう。
大きな被害が無いことを祈ります。






by hahamego | 2016-11-22 12:01 | 地震 | Comments(2)

手枷足枷で我が道をなかなか行けないショボイ母の日々のため息的ひとりごと。


by hahamego
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る