不思議なお店

穏やかでそんなに寒くないhahamego地方の朝です。
(でも、リビングの窓から見える遠くの山には雪が残るようになってきましたよ)

さて、昨夜は次女が女子会だったので主人と二人で買い物がてら外食。
お財布に1500円分の鰻屋さんのポイント商品券があったのでそれを使うことに。
鰻屋さんってお値段が高いからこの商品券でちょっと勇気が出ました。
久しぶりにのんびりいただきました。
私の怒涛のごとく過ぎ去った1週間への慰労を兼ねてと主人。
美味しかった。
準備も後片付けもしなくて良いし。

日曜日の夜の街はあまり人通りもありません。
人混み苦手な主人にぴったり。
靴屋さんを覗いたり和菓子屋さんへ行ったりデパ地下覗いたり。
そして最初にお店前を通って気になったコーヒー屋さんへ戻ってお茶することに。

ビルの一角にあり、大きな仕切りはありません。
派手ではないけれどちょっと不思議な色合いのマーブリングでカーテンやランチョンマットが染められています。
お店の店員さんは綺麗なお姉さんが一人。
オススメのコーヒーを注文。
待っている間に店内に流れる音楽がどうも気になり周りを見ると私の目を惹きつけるコーナーを発見。
即、共通に背表紙に書かれている名前をググる。

ん〜、直感は当たる!
宝くじ買うのに使えばよかった。
ナントカ商法に関わっていると出てしまいました。
主人にスマホ渡して苦笑い。
そこにコーヒー到着。

コーヒーはおいしかったです。
コーヒー好きの主人も美味しいと。
コーヒー一杯飲んだからとナントカ商法にひっかかることもないですからね。

でも、なんとも不思議な感じだったので、このお店は今回限りといたしました。

今週末は、もう12月。
大掃除、お歳暮、年賀状、そしておせち準備が待っています。
風邪などひいて入られません。
頑張ろう!!!




by hahamego | 2018-11-26 08:54 | 日々のこと | Comments(0)

手枷足枷で我が道をなかなか行けないショボイ母の日々のため息的ひとりごと。


by hahamego
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る