最後の最後に…

今日は、次女と私と一匹、ダラダラ過ごしています。
昨日、次女の第一希望の受験が終了しました。

本来なら、
「どこか行く?」
「なんか食べに出かけない?」
とか発表までのわずかの骨休みを楽しんでも良いのに‥。

残念、次女は午後から歯科医院へ予約を入れております。

受験に向けて、次女、事故の無いよう気をつけて気をつけて暮らしておりました。
インフルエンザも発症せず、凍てつく寒さのなか滑って転ぶこともなく
受験当日を迎えました。
主人と二人,ホッとしました。

ところが、最後の最後にアクシデント。
試験会場へ迎えに行くと、次女がボソッと

「アゴ痛い。痛くて口が開かない。」

というのです。
なんと顎関節症。
試験中、無意識に歯を食いしばっていたようなのです。
夜になるにつれ痛みが強くなってきた様子。
痛み止め飲んでも良くなる訳はありません。
これ以上ひどくならないようアゴが下がらないようヘアバンドを利用して予防策。

試験二日目は、午前中数学午後面接。
思うように話せないので不安な次女。
主人が
「面接官に最初に自分が顎関節症になって思うように口が開かない事を正直に告げなさい。」
とアドバイス。

おかげで面接の時は焦ることなく無事終了した次女。

試験終了祝いのお食事もメニュー変更。
まるで離乳食。
トホホ…。

冷蔵庫に準備していた食材は用途変更。
しばらく冷蔵庫の中とにらめっこです。









Commented by trintrin at 2018-02-27 12:54
お嬢様
早くよくなりますように
次の備えにマウスピースなどいかがでしょう?

手書きのお祝い看板素晴らしいです
力強い字ですね
こういう字でお手紙頂いたら
額装したくなる

以前に本郷の大学で研究者してる方より
お手紙頂きました
「お目にかかれず」ではなく
「お目にかかること願い叶わず」と
ご立派な字で書いてあって
2年くらいデスクパッドに入れてましたよ
字が美しいと文章も素晴らしくなるみたい
Commented by sabieel at 2018-03-03 15:39 x
こんにちは。

受験、無事に終わられたようで良かったです。
そうそう、事故やインフルエンザはこわいですからね。
娘さん、よく頑張ったんですね。
実は5年ほど前から私も顎関節症。
歯をくいしばって頑張り過ぎちゃうといけないんですよねー。
私の場合、寝てる時も噛み締めてるみたいで、やっぱりマウスピースを作りましたよ。
今でも調子悪いなー、頭痛がするなーってときは付けて寝てます。
早く痛みが取れますように。
そしてごちそうが食べれますように。
Commented by hahamego at 2018-03-05 11:13
trintri さま、ご心配ありがとうございます。
病院のお医者様から、
若い人にも近年この顎関節症多い
重症だと、完治は難しい
若さで復活を祈るしかない
という説明の後、ゴムチューブのようなものを渡され
アゴのトレーニング中。
春からの生活場所がもし当地のままならマウスピース作って調整しながら治療するそうです。

しかし、若さのなせる技なのでしょうね
ほとんど開かなかった口が、今日はかなり開いてます。

私は、字がヘタ。お習字なんて涙。
人生の先輩方からいただく達筆のお手紙や葉書は、お気に入りスクラップブックに保存しています。達筆の方って、文面もステキなんですよね。憧れます。
Commented by hahamego at 2018-03-05 11:18
sabieelさん、おはようございます。

ご心配ありがとうございます。
お医者様から、一度重症になると完治は難しいと言われ、母と娘はひょえ〜となりました。大口開けて笑うことが次女のチャームポイントでもあるので…。
次女もマウスピース治療となります。ただ、まだ春からの住まいが決まらないと病院も決まらないという訳で、ただいまゴムチューブ噛んでトレーニング中です。
でも、先週よりだいぶ口が開くようになりました。
お医者様が若さに期待するしかないと言われましたが、ほんと若さの成せる技のようです(^^:)
by hahamego | 2018-02-27 12:12 | 受験 | Comments(4)

手枷足枷で我が道をなかなか行けないショボイ母の日々のため息的ひとりごと。


by hahamego
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る