あなたな〜らどうする?

いよいよ受験シーズンに突入、青息吐息のhahamego家です。

さて、今年は秋の気配と共に風邪やインフルエンザの声が聞こえ始めました。
例年より早い動きです。
寄りによって我が家は受験生を抱えておりますので、ドキドキ。

週末、インフルエンザの予防接種を受けたは良いのですが、副反応でダウンした次女。
がんばって月曜日登校。
ところがお昼過ぎにこんなLineが。
「隣の子が熱出しているの…。でも、帰らないんだって。おまけに前の子は鼻水ズルズル。困った」
と。すかさず
「早退したら?」
と返信。ここで熱出したらアウトーーー!の次女。
自己防衛しかありません。
まだインフルエンザの副反応も抜けきれていなかったので悪い親は娘をそそのかし早退させてしまいました(^^;)

そして先ほど帰宅した主人。
「今朝ね、エレベーターで○○さんちの子と一緒だったんだけど、マスクしてたんだ。
 それで、どうしたの?と聞いたらインフルエンザにかかってしまったと言うんだよね。で、そのまま登校していったよ。マスクしてたしゲホゲホしてなかったから多分大丈夫かとは思うんだけど…ね。」

我が家だったら絶対あり得ない話なんですが。
これ、どうなんでしょうね。
自分は良いとしても周囲の人のことについては考えないんでしょうかね?
我が家、神経質過ぎますでしょうか?

はあ…週末まではどうか無事であって欲しいとひたすら祈るhahamego でした。




Commented by まめちゃん at 2016-11-16 06:05 x
わかる~わかります~その気持ち。
家ならどうするかって?やっぱり重要な(すべて重要ですが)
授業でなかったら、単位が足りているならば、早退でしょ。
なぜだか、無神経な親あってこの子ありなの。
もちろん直接、文句もイヤミを言っても無駄だから
自分の身は自分で守るしか・・・ありません。
わたしの身近にも、そういう人がいました。
普段はとっても常識的な人なのに、子供のこととなると
<うちの子って熱に強いのよね、本人も大丈夫って言うし>
え~と思いながらも、そこはやっぱり突っ込めませんでした。
だったら接触を防ぐしかありません。自己防衛です。
丁度、受験期突入でピリピリしているというのに。。。
MEGOさまの対応は致し方ございません。
あれれ、お医者様のお家の方には釈迦に念仏ですが
先だっての新聞に夜寝る前に蜂蜜をスプーン1杯にビタミンCを加えてペロリンと舐めるというのがいいそうです。
歯を磨いた後にです。虫歯にならないどころか、風邪予防
虫歯予防にもいいそうです。
応援していますよ、頑張ってMEGOさま(母の力は偉大です)
Commented by hahamego at 2016-11-16 11:32
まめちゃんさん、おはようございます。

そうなんですよね。人に望めないからには自分で守るしかない!…ですよね。
娘達も、高校生なりに信号を送っているようなんです(苦笑)
でも伝わらなく、いままで一緒に昼食をとっていただけに、マスクを外す恐怖が…と言っていました。

ふふふ、たしかに我が家には医師免許を持ったものが一人おります。しかし、なぜか家の中では不思議なことにただのお父さんになってしまい、お役に立ちません。たいてい、友人に相談するかネットで調べるか…あとは嵐が過ぎるまで寝てるしか無い!というのが処方です(笑)

そうですか、ハチミツですね。ビタミンCならレモンかな?ありますあります。
早速試してみます。

応援ありがとうございます。
まずは今週末。
母としてがんばりまーす♬
Commented by nikojisan at 2016-11-16 15:45
私もカミさんも一度もインフルエンザの予防接種は受けていません。
子供のlp路はとても風邪に弱かったのですが・・・
最近は、一年に一度位罹る程度です!
部屋は石油ストーブで暖房をして、鍋に水を張って常に蒸気を
出していますし、湿度計で常に気を付けていますよ!
昔、テレビでお医者さんが寒いから風邪を引く・・・
夏でも汗をかいたら汗が引く辞典で寒気を感じて風邪を引いてしまう!

これに気を付けているので・・・滅多に風邪は弾きません!!
Commented by hahamego at 2016-11-16 20:16
nnkojisanさま、こんばんは。

まあ、素晴らしいですね。
我が家は予防接種してもインフルエンザにかかってしまったことがありました。おまけに家族順番に(苦笑)

ウイルスだけは、手立てがありませんね。
空気感染ですからね。
とにかく外出時はマスク、外出から戻るとうがい手洗い欠かせません。
寝不足や抵抗力が低下しているときなんか、特に要注意です。

Commented by 茶坊主 at 2016-11-17 08:24 x
あーっ!難しいかも!
うちでは、なんとか学校に押しこみたい、のです。というのは、何かと些細な理由をつけて保健室に転がり込んだり帰って来ようとする我が娘たちだから、「石にかじりついてでも」という気概を身につけさせたい。本人が体調不良と言い出せば「学校まで迎えにきてください」と、中学校からお呼び出しが。子どもたちもズルくなって、お母さんの勤務先が学校に近づいた途端、体調不良で保健室に転がり込むことが増えたというがっかりな状況(-_-;)
でも、真に体調不良があるときには、躊躇なく休ませてるなぁ。
自分が受験の時には、まわりも受験のま真っ最中なんだから、リスクをお互いに回避し合えばいいのに…

しかし我が家の娘たちは、頑丈にできているようで、最近は熱も出さないのです。だから、ちょっとの体調不良を訴えても、少しサボりぐせなんじゃない?と、勘ぐってしまうし、受験生だからと、全然心配不要な、出席日数を気にしてしまう、そんな器の小さな茶坊主です。
Commented by hahamego at 2016-11-18 08:59
茶坊主さん、おはようございます。

些細な理由を付けて保健室へ…それはきっと学校でいろいろ緊張することが多いからそこで一息つきたいのでしょうね。
で、できればもっとホッとするお母さんの所へ…。
呼び出されて娘を学校へ迎えに行くと、その時の娘の顔ってほんとホッとした顔になってますもの。

でも、親としては「学校へいく」ことの大切さを教えて上げたいですよね。悩みますね。

さて、我が家の次女はいよいよ受験目前となってついに風邪ひきました。鼻づまりひどく…。
「おかあさん、美味しいモノ作ってくれても味が半分しかわからん!これ、困るわ〜(++:)」
ですって。
とにかくこれ以上悪化しないよう見守るだけです。
by hahamego | 2016-11-16 00:39 | 家族 | Comments(6)

手枷足枷で我が道をなかなか行けないショボイ母の日々のため息的ひとりごと。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31