次女とのふたり旅

おはようございます。
今朝も暑い仙台です。

さて、先週末は次女と上京しておりました。

前日多摩市入りしたのですが、夕方からお天気が急変、大宮から雨。
雷ゴロゴロ。使うはずの京王線は調布駅停電でストップ。
スイカのおかげであちこち走り回らず済みましたが、しかし、慣れぬ路線で右往左往。予定時間より1時間近く遅れて現地入り。
へとへとホテル京王プラザへ。フツーのお部屋を予約していたのですが、中国系団体様がドドーンと入ってしまい、用意されたお部屋は最上階のちょっとイイお部屋。
二人、即、爆睡でした。

翌朝、明るくなったホテル周囲をちょっとだけ散策してビックリ。
目の前、サンリオピューロランド、三越、映画館、などなど時間があったら楽しめるだろう場所にホテルがあったのです。
残念、その時間は無く会場へ。

ココ。

f0223234_11254275.jpg


ジブリの舞台になった丘陵地帯にあるだけあって、緑うっそうとしています。
蝉時雨もすごい。というかうるさいくらいです。
この日は、かるた大会した。
近江神宮での高校生大会があるから人数も少なめかと思ったら、娘のいるC級参加者だけでも167人。びっくりしました。

仙台から参加したのは次女以外は、練習参加させてもらっているT大学から2人。
2人とはいつもお世話になっているので次女は挨拶に。
すると1人の方が鞄からゴソゴソと何か取り出し次女へ。

f0223234_11412613.jpg


近江に応援に行っている大学生の一人から託されたそうです。
いそいで準備したのでしょう。それを詫びるメッセージ付きで次女へのお誕生日プレゼント。

そうです、この日7月21日は次女のお誕生日だったのです。
実は、この日、次女のスマホが鳴りっぱなし。
午前0時を過ぎたところから次から次へとお祝いメッセージ。
中には、読ませてもらった私はウルウルとなったメッセージもありました。
次女がどんなに今の高校が大好きなのかよくわかりました。


私も、かるたブログ仲間の方や大学かるた会の方からいろいろ情報をいただいていたので、早めにいったこともあり窓側の風通りの良い場所で時間を過ごすことができました。感謝です。


さて、大会は熱気むんむん。次女、初戦は不戦勝。しかし2戦目は元柔道部筑波大学3年生に敗退。
実は、最初まったく手がです、束負けかと思ったくらいでしたが、次女、根性でそれだけは避けられたようです。
(昨日の大学練習会で、この状況をS君に説明たましたら「相手がどんなに早くてもそれが強いとは限らない。それをこれから勉強していこうね」と言われておりました。次女、感激で目がキラキラ)

そのあと次女とお昼おにぎりをムシャムシャ食べて、暑い熱い会場を後にしました。


この日はそれでも気温27度と過ごしやすい陽気。
移動するにも吐きそうな暑さとはなりませんでした。

ここからはまた電車の旅。

今度はどこへ参ろうか〜(^^)
Commented by trintrin at 2014-07-26 15:41
その京プラですと
京王が駄目なら小田急でもいけた?
ニトリもあるのですね~
お嬢様来年はバリバリ強くなられて
決勝まで行く!
イメージトレーニングも大切です!
Commented by hahamego at 2014-07-26 19:53
trintrinさま、はい、その通り。
小田急線に乗って新百合ヶ丘でおりて多摩線?とかいうので各駅に乗り換えて多摩センターで下車。
でもね、途中で多摩川警戒水位を超えたため徐行運転とかになって…。で、何より駅員さんと乗り換え案内で表示されたことと違っていたのでそれがどちらを信じれば良いのか…悩みウロウロ。

そうなんですよね、この頃、4位止まり。
3位に行けば昇級。
来年は実は近江神宮個人戦へ参加希望。
夢は大きく、出費もでかく(@@:)

 trintrinさん、しっかり次女に伝えました!!!
 決勝へのイメージトレーニング。
Commented by aaic5475 at 2014-07-26 19:58
お嬢さんの誕生日は、おばあちゃんの誕生日と一緒です♪
そぉ〜ね♪ 誕生石ならルビーなの♪(笑)
うちのあねさんも、お友達が山ほどです。 親より多い!(笑)
友達は心の財産♡  ぽわんとしている娘を、多くの友達が支えてくれているのだなぁと感謝です。       でん母
Commented by hahamego at 2014-07-27 01:37
でん母さま、おばんです☆

おお、同じお誕生日でしたか。そうなんですよね、誕生石がルビー。
先日上京した際、乗った電車内の電子公告に「今月の誕生石はルビー」とでて、原石に何とかという成分があると赤いルビーになり何とかという成分があると青いサファイアになると。次女とへーーーと二人で口開けてみていました.

友達は心の友…いいですね、この言葉。次女もお嬢様と同じ、たくさんの友達に支えられ高校生活を思いっきり楽しくスタートしているようです。  
 しかし、あの山のようなメッセージにどうやって返信したのかしら?
by hahamego | 2014-07-26 12:10 | Comments(4)

手枷足枷で我が道をなかなか行けないショボイ母の日々のため息的ひとりごと。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31