アンコール

今日は午後から一人になりました。
長女は朝東京へ戻り、午後から次女は塾で自主勉。

がらんとしたリビングでTVをつける。
すると、番組表に私のみたかった映画が。

「アンコール」

イギリス映画。

明るく社交的な妻マリオンと違い、偏屈な頑固な夫のアーサー。
一人息子ともうまく付き合えない。
唯一夫の気持ちがわかる妻は不治の病に見舞われ、それでも地域のコーラスクラブで前向きに生きる。

「死んで欲しく無い、行きてくれ」
と妻に告げるが、その日は否応無く訪れる。
一人残された夫は果たして…。

一人の時間、気持ちよい風が流れるリビングで、映画タイムを楽しみました。

なんか頑固なアーサーと父を重ね
「ああ、アーサーみたいにどうして歩み寄る努力を試してみないのかな…。」
なんて思ったり、自分の老後の楽しみ方を想像したり。


最後の方で帰宅した次女も
「最初から観たかったなあ〜」
と。


明日は父の日。
頑固な父との週末、どう過ごそうかしら…。
Commented by aaic5475 at 2014-06-15 06:28
「アンコール」以前に見ました♪
本当にいい映画ですねぇ。。年をとる事、家族の事、
考えさせられ、泣かされました。
娘にも、こういういい映画を沢山見て、「心」を
学んでほしいと思います。       でん母
Commented by hahamego at 2014-06-15 07:10
でん母さま、おはようございます。

ケーブルテレビのおかげで、見逸れてしまった映画をこうやって観ることができてほんとうれしい。
でも、ほんとは映画館でみたいんですけどね…。

心に響くいい映画をできれば娘たちにもその「心」を共有させてあげられたら…私もそう思います。
by hahamego | 2014-06-14 21:11 | Comments(2)

手枷足枷で我が道をなかなか行けないショボイ母の日々のため息的ひとりごと。


by hahamego
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る