久しぶり〜♪

いま、我が家のピアノの蓋が開いてます。
そして久しぶりにピアノの音色が聞こえます。

リビングにデーンとおいてあるグランドピアノ。
ほとんどが荷物置きになっております。
弾いていた長女は上京。
次女は自分で先生にやめること宣言したほどですからさわりもしません。
ですから調律以外の音が出ることはありません。

でも、今日は朝からピアノが歌っています。
長女がバイト先でトロンボーンの伴奏のお手伝いがあるとかで一生懸命練習しているのです。
ひさしぶり。
なんかピアノも喜んでいるようです。

そう、前は夏になると一日中ピアノの音色が聞こえていました。
夏はピアノのコンクールの時期。
予選…本選というのが夏休みの間に行われ、夏休みの旅行はたいてい本選の時期と場所に合わせていました。

そういえば、まだ携帯電話なんてものが普及していなかった頃、本選の先は考えてもいなかったので本選当日終了後そのまま両親と一緒に青森旅行を予定。本選終わってみれば初の全国大会行き決定。急いで公衆電話から先生へお電話してもつながらない。青森行きの出発時間が迫っていたのでそのまま旅行へ出発。キャンセルは絶対したくない。だって宿泊ホテルが八甲田ホテル。当時は青森でも最高のホテルでしたからやっとのことで予約がとれたのです。
到着してから先生へお電話したら
「今、どこにいるの〜?!}って。
「今、青森です…」
「え〜???!}
「帰ってきたら話しましょう…(**:)」
と微妙な雰囲気。
旅行から戻ると先生からお目玉一つ。

そんなこともありました。

懐かしいな〜。
夏と言えばコンクール。
夏と言えば家の中に響くピアノの音色。

夏生まれの次女の胎教は長女のピアノの音色。
次女7月生まれですが、産前6月のコンクールにで他県へ行くとき、いつどこで生まれても良いように車のトランクにしっかり出産入院準備を入れて出かけたこともありました。
次女は生まれてからも長女が弾くグランドピアノの下で気持ちよさそうにねていました。
ちなみに曲はリストのカンパネラ。
だから、次女がたまにクラシックの曲を口ずさむのもわかります。


私はやっぱりこのピアノの音色が好きだな〜。

我が家に夏来る…………♪
Commented by まめちゃん at 2012-07-31 15:38 x
お、いいなあ。ピアノが響くリビング。
我が家はもうすでに7年、ピアノは音知らず。。。

夏休み中のコンクールはホント予定立たずで大変でした。
なんであんなに夢中になれたんだろう、と不思議です。
熱心なお子さん達は皆さん、色白でエレガントで
海やプールが大好きで遊びの時間の後、
申し訳程度に練習していた娘は夏の太陽に焼けて
コンクール会場で別な意味で目立っていました。

ピアノとチェロ、世界が広がりますね。羨ましい限りです。
Commented by hobo-shu at 2012-07-31 15:48
こんちは、お初コメントです。

コンクールといえば中学3年間から高1まで吹奏楽部に在籍して出場した吹奏楽コンクールを思い出します。

昔は音楽関係のコンクールは大抵は秋に行われていたのに、今は受験などの事情でこの時期に行われてるようですね。

思い出と思い入れのある楽器の音色、ふと過ごした季節を思い出し、つい目を細めて聴きいってしまいますね(⌒~⌒)
Commented by hahamego at 2012-07-31 16:46
まめちゃんさん、こんにちは。
午前中はピアノ、午後はチェロ。馴染みがあるのはやはりピアノの音色ですね。

ふふふ、実はお話しした全国大会、まめちゃんさんのおっしゃるとおりだったんですよ。元気印の長女はピアノオンリー生活なんてことはありえず、夏は夏だ−!で真っ黒に日に焼けて8月末の全国大会へ。
上野のお山の会場で出演者集合してみれば、みんな真っ白。主人と私はビックリ(@@:).演奏終了後、集合写真を撮ったのを見たら大笑い。
「黒一点」
もちろん長女。


Commented by hahamego at 2012-07-31 18:30
hobo-shuさん、お初コメントありがとうございます。

shuファミリー、この暑さにのびてませんか?
こちらは老犬のためにクーラーつけっぱなし〜という言い訳言って涼んでおります。


吹奏楽部所属、楽器はなんだったのですか?長女は中学3年間ホルンでした。
考えてみれば、長女の時代は音楽コンクール関係はすべてもう夏でした。今から10年前。ということはhobo-shuさんはいつ頃?

午前中は久しぶりのピアノの音色に心地よい気分となりました。
しかーし…午後のチェロの音色は「高校理数科入学→突然の文転して音大受験→三浪→学費→卒業後は???」という厳しい現実が思い出され心穏やかにあらず。弾いている曲も分からんから余計イラッとする母です。


Commented by jonta0821 at 2012-07-31 21:17
うちの実感のグランドピアノもあんまりピアノが上手にならなかった
わたしと、音楽の先生ですが帰りが遅くて弾けない母のため、
何年もまともに使われておりません・・・。

たまにはちゃんと弾かないとかわいそうですね><

hahamegoさんはピアノお上手だったのですね~!
tommyさんの音楽はhahamegoさんから
来ているのですね^^
Commented by urushi-yoshiko at 2012-07-31 21:53
家で楽器の音色がきこえるって素晴らしいわ〜!!
家のピアノも子供達が弾かなくなってからとても可哀想な状態です。
一度私も少し弾いてみよう!!と試みましたが、
おかしい・・・楽譜を見ながら弾けなくなってます。
きっと脳からの指令が指先に届かなくなってるのでしょう(-_-;)
あまりにもお粗末なので、周りに悪いと思い、封印しています。
リストが胎教なんて素晴らしい(@_@)
Commented by hahamego at 2012-08-01 05:56
jontaさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

お母様、音楽の先生でいらしたのですか.jontaさんは美しい音楽の世界を教えてくださる方がそばにいらっしゃるなんてお幸せですね。 それに引き替え私はダメ。jonntaさん、私はピアノ弾けませんよ〜(^0^:) 私は子どもの頃から習わされておりましたが嫌いで嫌いで。練習していても何故か眠くなってしまうほど。たぶん次女は私似ですね。
Commented by hahamego at 2012-08-01 06:04
yoshikoさん、コメントありがとうございます。

次女はお腹にいる間、本当にいい音楽を聴きながら育ちました。
そのおかげで、生まれてからは長女がピアノを弾き始めるとご機嫌で気持ちよさそうに眠っていました。胎教って本当なんだ!と改めて思いました。

ふふふ、私もたまにピアノの蓋を開けて鍵盤に向かってみるのですが、いつもオタマジャクシの逆襲に遭い、あえなく敗退です。
Commented at 2012-08-01 16:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MakiMakiMacci at 2012-08-01 22:34
いいですね。ピアノが喜んでいるように聞こえる・・・というのわかる気がします。ウチは、ピアノはなくてバイオリンなんですけど、そろそろピアノも買おうかと考えています。
iphoneのsportifyのクラシック音楽のラジオで一日中音楽を聞いています。息子は、考えるときは音楽が頭の中でなっているそうです。
リストのカンパネラ大好きです。
Commented by MakiMakiMacci at 2012-08-01 22:38
私は東京にあるある企業とやりとりがあって、そこは震災の直後から「マルシェ」と東北の野菜を週末に売っていたのです。人気があってすぐに完売。そういう人たちと日々情報交換していたので、多くの日本人がとにかく何かしよう!という考えなのだと思っていました。

瓦礫受け入れ拒否のニュースを読んだときも、最初はわけがわかりませんでした。まさか訴える?って。悲しくて腹立たしくて、と同時に海外に住んでいる私も、遠くから見ている傍観者の一人だなと。
Commented by hahamego at 2012-08-03 07:22
鍵コメさん、おはようございます。お返事遅くなってしまいごめんなさいっっ。

音楽がある生活ってなかなかいいものです。
長年そういう生活が当たり前だったので、今、長女がピアノを弾いてくれるととても穏やか気持ちになります。
私の友人が昨年からピアノを再開しました。子どもも弾かなくなってピアノが可愛そう〜なんて気になったのがきっかけだそうです。彼女も中学以来ということでいろいろ四苦八苦だそうですが楽しいみたい。マイペースでへへへと笑いながら練習しているとのこと。
鍵コメさんもトライしてみては?
でも、正直なところ…穏やかな気持ちで長女の演奏を聴くことができるのは、やはりレッスンやコンクールというものが目先に無いから穏やかな気持ちで聴くことができるんだと思います(^^:)
Commented by hahamego at 2012-08-03 15:37
Macciさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
楽器はできる楽器の種類が多ければ多いほど音楽の世界は広がることを長女のおかげで知りました。
娘の場合でたとえるならばピアノだけでは広がらなかった音楽の世界もホルンやチェロと出会うことによりそれそれが作用してそれぞれの世界が広がっていきました。
もしピアノをとお考えなら、それはオススメです。
それにピアノは音を作らなくても最初から音があります。
大丈夫。  ムーミンくんは、とってもいい音楽環境のところにお住まいでうらやましいです。

それから…
震災のこと…うれしいことも悲しいことも未だ混沌としております。池に石を投げ広がる水面の輪はいつか消えてしまいます。時間と共にそうならないことを願うばかりです。
by hahamego | 2012-07-31 11:14 | Comments(13)

手枷足枷で我が道をなかなか行けないショボイ母の日々のため息的ひとりごと。


by hahamego
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る