手袋

今日は午後イチで次女の学校行事があるため、午前中、走って用事を済ませなくてはなりませんでした。

まずは、長女のドライヤーが壊れたとのことで電気屋さんでドライヤーを。
平日まして朝オープンしたばかりなのでガラガラ。
でも、定員さんもガラガラ。聞きたくてもいない。
???となりながら何とか買う。

次もこれまた長女の洗顔クリーム捜し。
薬局で発見。

次は駅方面に向かいデパ地下で空っぽの冷蔵庫に栄養を与えようとしたら、野菜も果物も生きが悪い。
諦めて1階へ。すると、そこにはUVカット用手袋がいっぱい。
先日、ささっと買ったら今ひとつ使いづらく失敗。
そこでこれまた時間が無いにもかかわらず捜索スタート。
色、模様、長さ、使い勝手、いろいろ考えてようやく決定。
ショートサイズとミディサイズを2種類。

そういえば、母がロシア(昔昔のお話です)で皮の手袋を買って帰って来たときの話。
手袋専門店があるなんて知らなかった母はビックリで、嫌がる父をホテルへ置いて即お店へ。
指が短め、手足短い日本人サイズ典型の母のために店員さんは山の用に並べてくれたそうです。
そしてある程度母のサイズと好みが判明すると、今度はその中から皮の素材とカラーで選び出し、残ったのがブルーグレイの素敵な手袋が一組テーブルに。
母は、40年たった今も大事にしております。
いろも褪めずデカ手の私がしてみても手にフワッと馴染みとても動きやすい。

そんな事を急に思い出しました。

夏物バーゲンが過ぎて秋の声が聞こえてくるとフロアーの端の方に現れる手袋コーナー。
今年は、どんな手袋選ぼうかしら?
母みたいな贅沢はできないけど、ちょっとこだわってみたいな。
Commented by ぽんちママ at 2012-07-02 20:32 x
おばんです~♪
遅ればせながら、歯(顎?)の痛みが落ち着かれたようでよかったですね(*^_^*)
読んでいて私も一安心しました♪
歯痛って、ほんとに辛いですから…

一生ものの手袋をお持ちだなんて、お母さま素敵ですね!
やはり極寒の国だから手袋専門店なるものがあったのでしょうか?
でも、対応なさった店員さんのプロ意識もさすが。
そんな風に気持ち良くお買い物ができたら、大事にしようと思いますし、またそれだけの“良い品”だったのでしょうね♪
Commented by hahamego at 2012-07-02 21:47
ぽんちママさん、おばんです〜☆

ご心配ありがとうございます。
みそ汁すすっても痛くな〜い。
アイスたべでも痛くな〜い。
何と行っても大好きなコーヒー飲んでも悲鳴あげなくてもいい!
なんてうれしいんでしょう♡  毎日感謝しながら食べております。

母の手袋のお話はかなり昔のお話です。JALの鶴マークのバックが光っていた時代のことでしたから。
実はすごく不思議な疑問もあるんですよ。
だって、ロシアでしょ、ロシア。母は英語もおぼつかなかったはず。どうやって意志が通じたのか…いまだに?です。通訳がついたという話も聞いてなかったような…。
でも、だまされることなく「良い思い出」と一緒に「良い品」をお土産として帰って来た母の思い出は私にとってもちょっと宝物的なところがあります。
by hahamego | 2012-07-02 19:15 | Comments(2)

手枷足枷で我が道をなかなか行けないショボイ母の日々のため息的ひとりごと。


by hahamego
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る