こどものように

母の入院している病院には、いろいろな人がいます。


静かに考え事をしている人

何かを求めて歩く人

テレビに向かって話し続ける人

空(くう)を眺めている人

人と視線が合うことをひたすら待っている人

何かに苛立ち声を上げる人


そんな中で時間を過ごしていると
気づくことがあります。

みんな、訪ねてくれる人を心待ちにしています。

お見舞いの家族が訪ねて来ると

子どものように微笑んだり
子どものように怒ったり
子どものように甘えてみたり


みんな みんな 
こどものように…


そして別れの時が来ると

またこどものようにだだをこねます



私たちも そんなこどものような姿を
そのまま受け入れてあげられたらいいのに…



わかっているけど……むずかしい
# by hahamego | 2010-03-15 18:38 | Comments(0)

手枷足枷で我が道をなかなか行けないショボイ母の日々のため息的ひとりごと。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31