出発の朝

私には二人の娘がいます。
一人は歳だけは22才の大学1年生と10才離れた小学5年生。
二人とも子育て時代背景が異なるため実に面白い!
でも今回、詳細についてはまたの機会ということでテーマは「出発の朝」

今朝は、長女が東京へ出発する日。
昨年春、3浪の末なんとか希望音大へ入学した根性だけはある頑固者で、東京で一人暮らしをしています。
もう何回か帰省しているのですが、東京へ送り出すこの「出発の朝」が、私は嫌いです。
帰省して滞在日数が長ければ長いほど「出発の朝」が辛くなります
いわゆる別れが辛くなるのです。
たぶん、また今日もホームでため息をつぎながら娘を乗せた新幹線を見送るのだな…。
はぁ〜………。
# by hahamego | 2010-03-07 06:49 | Comments(0)

手枷足枷で我が道をなかなか行けないショボイ母の日々のため息的ひとりごと。


by hahamego
プロフィールを見る
画像一覧