<   2016年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

僕、しば犬凛太朗

f0223234_09584949.jpg


おはよう。
ボク、今日はライオン?
これ、お姉ちゃんのスマホのイタズラなんだって。
ライオンって、ボクより大きいのかな?

おはようございます。
今朝は、朝からイタズラ坊主の凛太朗。
f0223234_09585027.jpg

鼻の上、アップしてよーく見ると砂!
朝から庭を駆け巡り、おまけにもぐらのごとく穴掘り(-_-;)

f0223234_09585148.jpg


お母さんにゲンコツモグモグの刑にあう。

しかし、そんなことヘッチャラ(O_O)
次なるは、次女の悲鳴とともにリビングからベランダに駆け抜ける凛太朗。

f0223234_09585292.jpg


バスタオルくわえて走り回る!
あ〜あ、タオル泥だらけ(-_-;)

「凛太朗、ペッ!!」
というと口に入れているものを吐き出すので、この後ドロドロタオルは回収。


なんかボクに文句ある?
f0223234_09585322.jpg


今日もヤンチャな凛太朗です。




by hahamego | 2016-10-30 09:43 | Comments(2)

朝からフラッシュモブ見ております♪

秋晴れなのになぜか風が強い。
洗濯物どこに干そうか思案中。

さて、9月、長女が生まれて初めてフラッシュモブのお仕事をいただきました。
米ダンス映画のフラッシュモブは見たことありますが、演奏のフラッシュモブは私、見たことありません。
どんなかなあ〜。
当日の映像を後日Youtubeにアップされるというので楽しみに待っておりました。

すると、今朝、長女からアップされたよと。
早速画面検索。

「徳島第九フラッシュモブ」
     場所は表参道ヒルズ版(同日、二子玉川でも開催されてます)
おお!コンバスのソロから始まりゾロゾロと。
長女もチェロ抱えて登場。
あはは、前の人がとっても大きいのよ(^^:)と言っていたがほんとめちゃおっきいお方。
娘みえなーいっっっ(@□@:)
と思いながら、でも、面白い。
歌の方々も登場。
と思ったら会場まわりのフロアあちこちに待機していた合唱の方が歌い出す。
おもしろーい♪♪♪

こういうの、実際に見てみたいなあ〜。






by hahamego | 2016-10-27 08:52 | Comments(6)

北海道の下川町のステキ

おはようございます。
昨日の夕方からの雨と風はすっかり消え
今朝は秋晴れ。

昨日は、帰省している長女といろいろお買い物。
ついでに北海道展をしているデパートをのぞく。見終わり一階におりてくるとエスカレーター脇に工芸フロアを発見。
なんか引き寄せられました。
f0223234_14421960.jpg
f0223234_14422052.jpg

f0223234_14422169.jpg

北海道は下川町の工芸展。
ハーブや陶芸などの作品が並ぶ中、目を引いたのは木工。
f0223234_14422233.jpg

f0223234_14422315.jpg

やわらかい木地。
大小いろいろ。

わたしが器に見とれていると
作り手の方と長女がお話。
なんと長女、演奏旅行のときその町を通り、話が盛り上がっていた。
その中で驚いたのは、その町の公民館にスタインウェイのピアノがあるという。
開拓地で過疎に向かう町の奮起のきっかけとなることをねがっているようです。

こうなると話は進み、もしかするとのお仕事につながりそうな感じ。
長女、この日の夜、早速北の大地の住人パートナーにはなしていました。

f0223234_14422481.jpg


写真家でもある作り手の方、飾られているハガキやパンフの写真もステキでした。

器2個、我が家にやってくることになりました。
使うの楽しみ。









by hahamego | 2016-10-26 07:14 | Comments(0)

季節到来

急に気温が下がり始めました。

今日、ダンボール一箱が届きました。
中身は紅玉かわいっぱい!

りんごが店先に並び始めると早生りんごの脇に並んでいるのが紅玉。
並ぶ期間は短いので、いそいで買い込みます。

今年は箱買いしちゃいました。

今日は、10こ皮をむいてシナモンとレモンとお砂糖で煮ました。

明日は赤ワインたっぷりいれてコンポート作ります。、

酸味たっぷりの紅玉コンポート、今から楽しみおんぷ


f0223234_11515251.jpg


で…

          朝、早速赤ワインたっぷりで!
                  出来上がりましたemoticon-0128-hi.gif
by hahamego | 2016-10-21 23:00 | Comments(8)

久しぶりに二時間睡眠

おはようございます。
今日も秋晴れ。
でも、さすがにちょっとペースダウンの私です。


実は、昨日は久し振りの睡眠時間2時間。
午前3時に寝て5時前には起きて朝食準備。主人早朝の飛行機で広島へ出発。
次女送り出したら朝寝でもしてこの睡眠不足をカバーしようと思ったら、母の施設から電話。母の風邪の咳の具合がよくないので病院へ連れて行くという。

連絡はとにかく一番は長男の自分へという弟夫婦にではなく私に電話とは「?」と思い聴いてみると
「お母様からのご氏名で」とスタッフ。
おさぼり一日を過ごそうと思っていたが…残念。
ご氏名では行かねばなりませぬ。

かまうことなんかできない毛皮族に
「だめ」「まて」「あとで」を連発。ついでに留守番を頼み出発。

母、部屋で辛そうに咳をしていた。汗までかいていて、辛いという。
からだをふいて肌着を替えてあげると「
咳がひどくて食べる気もしない」と。背を丸めながら咳をする母の姿が痛々しい。

去年、母が風邪をひき、みなで大変な思いをしたので風邪が流行り始める頃の外出には必ずマスクをつけるよう扉にメモを貼りました。

これ、実は弟夫婦への私からのお願いの意味で貼っているのですが。
でも、為されたためしがない。去年もそうだったし今年もまた繰り返されています。
辛いのは母なのに。

弟夫婦は、父から拒絶されているからという理由で父の介護はほ皆無といっていいほど何もしてくれなかったのですが、その分、母のところへは通ってくれていました。子育てが終了してからは、週末、母を連れ立って外出してくれたりしています。休日関係無く仕事がある主人や受験生をかかえる我が家にとっては、できないことなので助かります。
ほとんどを施設敷地内で過ごす母にとっても楽しみでもありましょう。

ただ、弟夫婦、お嫁さんが医療関係のお仕事をしていて日頃健康についていろいろ論じてくれていて、それに同調してあーだこーだと口出しする弟なのに、母については口の割に無頓着。
昨年もでしたが今年もこのたちの悪い風邪が流行り始めていて、おまけにインフルエンザまで出ているという情報をわざわざ私にLineしているのに今回もマスク無しで母をよさこい祭りと新そば食べに山形へ。

予感的中、母は外出した翌日には軽い喉痛から始まり、発熱、咳と一週間の間に症状が進んでしまいました。
母のいる施設では、ほとんどの人が母より高齢、中には90越えて風邪が命取りになるような方もいらっしゃる。
だから、会いに行く私達も体調に気をつけなければならない。
まして母が風邪をひいてしまえば、他の人に移ってしまう確率もたかく、スタッフの皆さんも施設内蔓延しないよう気遣わねばということになります。これからの季節は要注意。

ほとんど隔離状態の母、病院で一応レントゲンをとっていただきました。
気管支炎や肺炎にはなっていないとのこと。ホッとしました。お医者様いわく、風邪はウイルス、これといった特効薬は無いので、症状をやわらげるようなお薬を出しますと。

母と私とスタッフ三人で、紅葉し始めたイチョウ並木を見ながら施設へ戻りました。

部屋に戻り、食欲が無いと言いながら遅めの三時のおやつをいただいた母の姿に一安心。
「帰るの?さみしいよ。」という母の声を背中に帰宅。

「だめ」「まて」「あとで」を連発されて、おまけにお留守番を強いられていた毛皮族の凛太朗は振り向けばこんな顔でありました。
f0223234_09052719.jpg


by hahamego | 2016-10-20 09:05 | Comments(2)

芸術の秋

秋晴れの朝、自転車での現地集合という約束で美術館へ。
f0223234_15523384.jpg


一緒に、10時に入館。
あとは、それぞれのペースで鑑賞。
待ち合わせは、出口外。
再開したのは一時間をゆうに過ぎていました。
そのあと、美術館内テラスでランチ。
展示作品、受験生、体操、食事などなど話題いろいろ。

そして美術館から自転車に乗って、今度は近くのお茶室へ向かう。
月に二回、表千家さんのお茶会が催されています。

街中にあるのですがそれを感じさせない静かなお茶室。

300円でおいしい和菓子とうす茶をいただきました。
そうそう、季節の変わり目ということもあり、お茶室の中も冬への準備中。水指しや炉、そして棚に飾られていた香合も秋の終わりを感じさせていました。
今回、その漆塗りの香合の作者に友人とびっくり。なんと道場六三郎さんのご兄弟で道場宗廣さんの作品。お茶席終了後、二人でまじまじと拝見しました。
f0223234_15523482.jpg


秋の一日、洋と和の芸術を味わいました。



by hahamego | 2016-10-18 14:49 | Comments(2)

エアコン暖房スイッチオン

急に冷え込んできているようです。

一昨日は、いつも家では裸足の私ですが、靴下をはきました。
そして昨日は、とにかく気温が上がらず寒かった。
靴下はいても寒い。
陽があるうちは射し込む太陽の陽差しであたたかかった室内も陰り始めた途端、室温急降下。
家族が帰るであろう夜の8時に気温をみたら室内19度。
エアコンの暖房スイッチをついにオン。

あったかい風がふわ〜っ。

今朝の天気予報で、昨日の最高気温は17度だったらしい。
今日は2度アップとか。
これからは朝晩暖房。
そして少しずつ暖房している時間が長くなっていくのでしょうね。

しかし、我が家がヒエヒエの理由は実はもう一個あるんです。
じぶんだけ毛皮に覆われているヤツ。
朝と夕方、かならずベランダから外を眺めるのが習慣。
部屋と外をいったりきたり。
もちろん自分でドアを開閉できないので、その時間帯だけドアは開けっ放し。

これからの寒さ対策、さて、どうやってこの毛皮族を説得しようかしら。


by hahamego | 2016-10-14 08:55 | Comments(6)

チェロ、欲しい人、寄っといで〜♪

芸術の秋到来です。
演奏会もあちこちで。

さて、わたくし楽器屋さんの回し者でございます。
パンフレットのせるといろいろなんですので
文字のみでお知らせです。


仙台の銀座山野楽器さんで秋のチェロフェアが開催されます。
10月29日(土)と30日(日)。
その際、両日ミニコンサートも14:00〜14:30にあります。
29日(土)は、子どものためのチェロ体験会
30日(日)は、大人のためのチェロ体験会(150㎝以上の身長の中学生以上が対象)
というオマケもつきます。

ミニコンサートも体験会も無料ですが、電話予約が必要だそうです。
もしよろしかったら、足をお運びくださいませ。

電話は022-797-1028 山野楽器仙台店 2F 弦楽器フロア
詳細をご覧になりたい方は、山野楽器仙台のHPをご覧下さいませ。

……ちなみに30日、長女登場いたします。
  あ〜あ、書いちゃった(^^:)

by hahamego | 2016-10-13 21:00 | Comments(2)

オータムコンサート

長女が、このコンサートに出演するようになったのは、ちょうど震災の年の秋。

お隣の県ということもあり、聴きにいくことができるコンサートです。
父と母を連れ聴きにいったこともあったな。



f0223234_19331979.jpg

演奏曲目は上記の通りです。

○響のコンサートマスターのS氏のヴィオリンの音色が一曲目から美しくホールに響きため息。
一曲目のブーレとドゥーブルは、なんとS氏と長女の演奏。
素晴らしいS氏の演奏に導かれて一生懸命応えて演奏する長女の姿。曲が終わるごとに主人と目を合わせては言葉は無くとも娘の成長した姿に思わず笑顔になりました。

今回の演奏会で楽しみにしていたのは、ブランデンブルグ協奏曲。

これは、なんとお琴が登場。ヴィオリンと二十絃琴とチェンバロの演奏です。原曲はフルート、ヴィオリン、チェンバロのソロの弦合奏ですが、フルートパートをお琴で。
S氏のお話今回の楽器の中で一番古い歴史を持つ楽器は、中国のお琴で1200年前からあるそうです。ヴィオリンは300年、ピアノは800年。
音楽というのは、こうやって時代を超え国を超え1つの音色を奏でるというコミュニケーションの手段となるすばらしいものと優しい口調でお話するS氏の声に会場はあたたかい雰囲気になりました。
また、ため息。

ああ、タイスの瞑想曲もすばらしかった。
息を呑むS氏の演奏。
オケなのに私の目にはS氏の演奏する姿ばかりがロッグオン。

今回は、聴いたことがある曲ばかりだったので、心地良く時間を過ごすことができました。

S氏がいただいた花束をさらにいただいてきた長女。
それをわたくしいただきまして
「ひゃっほ〜♪」
と喜んで帰宅した単純な母でした。

by hahamego | 2016-10-10 14:44 | Comments(2)

福島に

今、寒い福島に来ています。

f0223234_17300768.jpg

f0223234_17300858.jpg


ちょっと早めに到着。
ウロウロしていると出演する長女現る。
そこに、◯響のコンサートマスターをされていらっしゃるS氏も登場。
長女、いきなりS氏にわたしたち田舎モン夫婦を紹介。
フリーズしてしまいました。


S氏、テレビで見るより背高く素敵でした。
そして、ヴァイオリンケースも素敵でした。

この方のヴァイオリンの音色を間近で聴くことができるこのコンサート。
ああ、うれしい🎶



by hahamego | 2016-10-09 17:14 | Comments(4)

手枷足枷で我が道をなかなか行けないショボイ母の日々のため息的ひとりごと。


by hahamego
プロフィールを見る
画像一覧