優しい笑顔

週末、悲しい知らせが届きました。
わたしの父の本家の大叔母が亡くなりました。
98歳。

呉服屋に嫁いだ大叔母は、早くに大叔父を亡くし、そのあと一人息子と本当に頑張ってお店を守り続けました。
ときどき、わたしの実家に反物を持って来てくれわたしも着物を作ってもらいました。

いつも優しい笑顔だったので、大叔母の顔の記憶は笑顔しかありません。


私だけではありませんでした。
お通夜、お葬式でも、皆さん、大叔母の優しさと人柄がそのままの笑顔を話題にしていました。


生前の大叔母は信仰に厚く、また、ご近所お付き合いも深く、皆に好かれていました。そんな大叔母ですが、大叔母は20年ほど前から、お嫁さんの勧めでシルバーモデルもしていました。

特に地元で有名だったのが地元スーパーのCM。
画面いっぱいに大叔母の笑顔が。
そのCMが始まると
「おばさんだよ!」
とついついテレビの前で大叔母の
「きてけさいん」
という声を楽しみに待ちました。

他にもCMには出ていたそうです。着物を着てのCMの時は、自分で自前の着物を持参し、CM担当者が準備した着物ではなく、大叔母のものがOKだったこともあったそうです。

一番驚いたのは
マツコデラックスの番組に出演していたこと。
家に帰りネット検索したらしっかり出てました(^^)
全国区に!
大叔母さん、すごい!



葬儀の際、和尚様が読経を始めると、突然、ウグイスが鳴き始めました。
とても綺麗な声で。

皆、声のする方に向いてしまうほどの鳴き声でした。

もしかすると大叔母さんが、供養への感謝を伝えるためにウグイスに身を借りてやってきたのかもしれないとその場にいた皆が思ったと思います。

f0223234_09235994.jpg


遺影の中の大叔母は、いつもの優しい笑顔です。

きっと、今頃、先に行った祖父母や父とも会って
「あれ、ひさしぶりだね〜」
って、お茶しているかもしれません。



by hahamego | 2017-05-24 08:49 | 家族 | Comments(4)

母の日

小降りのうちに凛太朗の散歩に出たら、途中で土砂降りになり、おまけにお仕事しないという親の気持ちわからないバカ息子。
ただいま微妙な空気の一人と一匹でございます。

さて、昨日は母の日。
主人の母は私たちが結婚する前に他界してしまったので、私たち夫婦の母は、私の母ひとり。
ということで、仏前の主人の母に真っ赤なカーネーションを飾った後、私の母のところへ。

この頃の母は、涙もろい。
母には二人からカードを添えて元気な色のアレンジフラワーを贈ると、泣き出してしまいました。
一息ついて、母の好きなものを食べに外出。
ドライブして、また、美味しいもの食べて、またドライブしてと、三人であははおほほと笑いながらの母の日を過ごしました。

そして、自宅に戻ると今度は私が娘たちそれぞれからそれぞれの形で日頃の感謝をこめた贈り物が。

長女からはこれ。
f0223234_19220384.jpg

北の大地は美瑛にあるレストランバーチというお店からお菓子がいっぱい。
ブログにも何回か登場していますが、家族皆大好きなお店です。
長女は、いつも美味しいものを贈り物にしてくれます。

そして次女からはこれ。
f0223234_19220323.jpg


かなりインパクトのあるお母さんのイラストが描かれた箱に入った飴
この頃ちょっとはまっているミニ菜園にちょっと変わった器で育てるミニバラセット。器は卵の殻。
次女は、いつも笑顔になるものを添えてくれます。今回はこのカード。
f0223234_19220464.jpg

これを付ければ「母の日は何もしなくてもいい日」
といううれしい贈り物。

しかし、よーく見ると手書きで、文字が付け加えてあります(^^)

『いつかお母さんが何もしなくてもいい日がくるように今頑張るのでもうちょっと待っていてくださいね』というメッセージです。

このカードは、大事に大事にとっておいて、来たるいつかの日に使おうと思います(^_^)a








by hahamego | 2017-05-15 15:54 | 家族 | Comments(2)

週末、長女が出演するコンサートがありました、
会場はここ。
f0223234_08505554.jpg



宮城県知事公館。

当日は快晴、とても爽やかなお天気となりました。

f0223234_08492010.jpg



こんな雰囲気の中、満席、追加の椅子が足りなくなるほど。

数少ないバンドネオン奏者渡辺公章さんの演奏ですから、ファンの皆さんでいっぱい。

今回は、バンドネオンによるタンゴの曲をチェロと合わせての楽曲に編曲。
また、モーツァルトやバッハというクラシックの曲も。

f0223234_08492110.jpg


今回は長女初めての地元コンサート出演ということで、小学校や高校の恩師の先生方や、同級生のお母様方や長女の姿をパンフレットで見たという知り合いや親戚の方々が足を運んでくださりました。

私は、相変わらず、長女の演奏はドキドキでした。これは長女がピアノを始めた3歳からかわりません。楽器がチェロに変わってからは益々(^◇^;)

でも、今回、とてもうれしいことがありました。
長女のソロ演奏のときでした。
ピアッティの「12のカプリス」の一曲を弾き終えた瞬間、会場からため息が。

YouTubeやネットに登場する名演奏家の方々の足元にも及ばぬ長女の演奏ではありましたが、一曲でもこんな空気を味わえたこと、見守ることしかできない親としては、この一瞬に胸が熱くなりました。

最後に‥

f0223234_08492228.jpg


聴きに来てくれた母と長女のツーショットです。
「お父さんに見せたかったわ。」
と母は目に涙浮かべて娘とハグ。
長女のチェロは、父からの贈り物。
きっと会場のどこかで父も聴いてくれていたとそう思います。






by hahamego | 2017-05-02 08:05 | 家族 | Comments(4)

ちはやふる


朝、何気にテレビをつけると
映画「ちはやふる」が。

そばにいた次女も私も朝の忙しい時間なのに
目も体もテレビの前に釘付けになった。

久しぶり
ほんとに、久しぶり
かるたの風景。

畳の上に流れる空気が、突然、蘇ってきた。

「なにわづの〜」

と序歌が読まれた途端、息を止めてしまった。
走る緊張。

「思わず動きストップしちゃった。」
と次女。
知らぬ間に手を握りしめていた私。

f0223234_11432652.jpg


封を切っていない取り札の箱。
いつか、また、畳の上で札が飛び交う日はくるのかな。


by hahamego | 2017-04-29 10:38 | 家族 | Comments(0)

◯回目の誕生日

日曜日は、私のお誕生日でした。
何回目?
四捨五入したら60代とだけ(^^;)

主人からはスマホをいただくことになっていたので、開店一号に並ぶ。

ついでにもう在庫が無いというガラ系主人もスマホに交換。


契約だけで二時間かかりましたがらついに画面大きいiPhone7というものがやってきました。
先に契約済んだ私は早速チェック。
すると最初の説明とちょっと違う状況に。
ドコモにいる間にわからないこと聞いてしまおうと契約手続きがちょうど済んだ主人担当のお姉さんに聴く。
すると帰ってきた答えが
「この頃、移行してそういうことあるみたいなんです。3日くらい様子見て変わらなかったら相談窓口にお願いいたします。今はお待ちになっているお客様がいっぱいいらっしゃるので」
さっきまでの笑顔はどこかへ。

3日も悩めと?
ムッときましたが、ふと思ったことは、このお姉さん、役割は契約のみ?
そう思ったら気が楽になり、あとは電子得意な主人と次女に委ねて解決。
3日も悩まずすみました。


話はそれましたが、遅いお昼を食べたあと、主人と次女が出かけて行きました。
二時間ほど。
プレゼントならすでにスマホは手元に。次女からのも数日前に準備していることを知ってます。
ならばケーキ?
それにしては遅い。

でも、夜は、私の希望でひさしぶりのぶぶやさん。気にせずのんぶり家で待機。


帰ってきた二人はパタパタと動き、そのままぶぶやさんへ。
美味しいものいっぱい食べて、幸せな気分のところに店主さん一号から、デザートをプレゼント。
f0223234_09215525.jpg


アルコールが入ったあとには甘いものがピッタリ♡
店主さん二号からはかわいい入浴剤を☆
感謝感謝。

家に帰ると主人と次女は、リビングカフェカーテンを閉めてゴソゴソ。
そしてケーキを持って登場。

そのケーキを見て、私、大感激!
f0223234_09215651.jpg


実は、このケーキ屋さん、とても遠い所にあるんです。以前は近くにあったのですが移転。
たまにデパ地下イベントに登場しますが、なかなか口にすることはありません。

片道一時間近くかかって買いに行ってくれたのです。
特に私のお気に入りはコレ。
f0223234_09215626.jpg


ハリネズちゃんがちょっとおジャマですが、レモンタルト。
酸味バッチリ、メレンゲも甘さ控えめ。
美味しかったあ。
他にもマンゴーや焼きバナナなど。
みんなで笑顔になりました。

最後はお楽しみのカード。
次女のチョイスはいつも面白く、わたしを楽しませてくれます。
f0223234_09215778.jpg


f0223234_09215853.jpg


そして、これはその次女から。
f0223234_09215960.jpg


これは北の大地から。
お酒は秋田のものですが、新酒。
とっても美味しいそうです。

f0223234_09215967.jpg



いくつになっても、こうやってお祝いしてもらえるのはうれしいことです。

また、これからの一年、頑張ろう!






by hahamego | 2017-04-03 19:44 | 家族 | Comments(8)

一周忌

週末、父の一周忌の法要がありました。
前日とは一転して冷たい風が吹いていました。
でも、晴れてくれたので一安心。

大きな本堂のなかに響くお坊様の読経。
そして
出席者皆での「南無妙法蓮華経」を唱えての合掌。

父の元へ届いてくれただろうか。

去年訪れた父との突然の別れ。
それまではほんと介護は大変でした。
怒りで涙することもありました。

でも、父が逝ってしまったあとは
私の心の中になにかぽっかりと穴が開いてしまったのです。そしてずしっとひっかかるものが。
もっと優しくしてあげれば良かったと。

四十九日を迎えるまで毎日父の元へ通いました。
父の遺影と向き合いいろいろな話をしました。
たぶん、こんな穏やかな時間を生前の父と過ごせたらこんな後悔はしなかったのにとすごくすごく思いました。

先月、ちょうど父が入院した時と同じ頃に父の夢をみました。
父が失禁してベッドから床にかけてよごれているのです。まわりに人の声が聞こえるのに誰も来てくれず放置されたまま。
なぜかそこに私がいていつものように片付け。
その時の父の姿は首から上は見えませんでしたが、空気で父とわかりました。
いつものようなイライラな様子はなく何となく穏やかででも何となく寂しそうに感じました。
不思議でした。

一周忌では、何度となく「南妙法蓮華経」と唱えました。
父は少しは穏やかな心になってくれたのでしょうか。
そうあってほしいと願います。








by hahamego | 2017-02-20 14:13 | 家族 | Comments(4)

f0223234_11373688.jpg

長女からクリスマスプレゼントに送られて来た北の大地のワイン。
年末に飲み過ぎて、頭イターイを久しぶりに経験したので今年は控えめ控えめ(^^;)

穏やかな年を迎え、のんびり過ごした三日間。
実業団駅伝から箱根駅伝まで、楽しみました。

さて、長女も元旦帰省し、人数が増えたこともあったのか、初売り過ぎた頃から洗濯機の調子が悪い。
給水が、まるで牛歩の如く。
慌てて説明書を読む。
給水栓など掃除したことなかったので、掃除。しかし、事態変わらず。

説明書裏に貼っておいた保証書みるとなんと長期保証に入っていた!今年の7月期限。
ラッキー🤞
電気屋さんに、
「ことは洗濯機、無くてはならないもの。お願い、急いで〜!」
とお願い。
タイミングよく、今日来てくれるとのこと。

良かった(^.^)

今年は、娘たちそれぞれ試練の年。
母として
人として
ちょっと頼りにならないけど人生の先輩として
支えてあげられたらと思います。

今年も、どうかよろしくお願いいたします。

by hahamego | 2017-01-06 11:21 | 家族 | Comments(10)

f0223234_09512775.jpg

今年も今日一日で終わりです。
あっという間の一年でした。
泣いて笑って怒って反省の繰り返し。
来年は、穏やかで笑顔の多い一年であって欲しいと願っています。
この一年、おばさんブログにお付き合いいただきありがとうございました。
喪中のため、新年のご挨拶は失礼致しますが、

皆様におきましては、来る年も、今年以上に良い年でありますよう心よりお祈り申し上げます。


hahamego




by hahamego | 2016-12-31 09:51 | 家族 | Comments(8)

週が明ければ

f0223234_11032620.jpg

おはようございます。
今朝は快晴ではありませんが、蔵王の全景がはっきりと見えます。
今年もいよいよこの一週間で終了です。
なんかとってもはやかった。

さて、先週末は、母をよんでのクリスマス会でした。
f0223234_11032699.jpg

こんなお肉を
f0223234_11032738.jpg


こんな風に焼いて

f0223234_11032844.jpg

伊達巻と間違われそうですが
f0223234_11032888.jpg

こんな風にちょっと大木ブッシュド・ノエルに仕上げ

f0223234_11032931.jpg


あとは食べまくりました。

さすがに二倍量で作った大木ブッシュドノエルは、〆に食べるにはハードでした。
救いは、生クリーム苦手な主人のために植物性を混ぜ作り、甘いケーキはイマイチの次女のために砂糖控えめスポンジとクリームでつくったので、全体的にあっさり味のケーキだったこと。


さて、今日からはお雑煮の準備。
喪中なのでおせちとはいきませんが、黒豆、栗きんとん、煮物、焼き物、そしてお雑煮を作って欲しいという次女からの希望がありつくることにしました。
お引き菜をつくるために、まずは冷凍庫内のものを消費せねばなりません。
元旦以外お弁当作り休みなしなので、手作り冷凍食品がデーンと‥‥悩みます。

がんばるぞ〜!

by hahamego | 2016-12-26 10:31 | 家族 | Comments(8)

やってくれました( ´Д`)


朝からピンボケ写真アップしてすみません。

これ、主人の足です。
テーピング中。


f0223234_09481342.jpg


ヤンチャ坊主が早速やってきました(^^)

昨夜、いつものサッカー教室に行ってきた主人。
帰宅した時には見るも無残な姿で登場。
そして一言
「今年のサッカー教室は本日にて終了です」

肉離れに遭遇したそうです。
プチンという音とともに027.gif

応急処置はサッカー教室主催のベガルタのコーチがしてくださったとのこと、助かりました。

さすがに今朝は痛み強いらしく、自らテーピング。
凛太朗が興味津々なのはシェーバー。
なぜここに?

はいはい、毛むくじゃらの足にテーピングしたら、交換する時に、肉離れより痛い思いをするからだそうですよ(@_@)

今日の体育の授業は、松葉杖ついての出席となるそうです。


f0223234_09481471.jpg


ということで、朝焼けに輝くコヤツとのお散歩仕事がわたしに回ってまいりました。

7時出動する次女と主人のために5時起きのわたし。
朝の8時を前にヘトヘトでした。







by hahamego | 2016-12-15 08:40 | 家族 | Comments(6)

手枷足枷で我が道をなかなか行けないショボイ母の日々のため息的ひとりごと。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30